ガソリン代について

風俗嬢のドライバーの仕事をする際の車については、お店側が用意してくれる場合もあれば、ご自身が持ち込まないといけない場合もあります。どちらの場合であるのかをまずは確認した方が良いでしょう。そして最も大きなポイントとしては、ガソリン代の負担についてです。このガソリン代の負担についてはそれぞれのお店で規定があります。距離に応じてガソリン代を負担してくれるお店もあれば、時給制の給料システムにしてその中からガソリン代をご自身で負担する場合もあります。

ガソリン代の負担によって、当然ご自身の収入にも大きく影響してきます。これは風俗求人(男性)に載っていない場合もあるため、面接でしっかり聞いてみるのが良いでしょう。思ったよりもガソリン代の負担が大きくて、思っていた程の収入にならなかったという場合もある可能性があります。

風俗嬢のドライバーの仕事は基本的に時給や本数に応じて報酬が支払われる形になります。そしてどういった形でガソリン代の負担があるかどうかが大きなポイントになってきます。それぞれのお店で規定が異なるのが、判断が難しくなる理由になります。だからこそ、まずは興味があるお店があるのなら、面接を受けての判断をするのが良いでしょう。

風俗嬢と深い関係に

風俗嬢のドライバーの仕事をするのなら、絶対に肝に銘じておかないといけない事があります。それは風俗嬢と深い関係になってはいけないという事です。送迎の際には二人きりになるため、色々な話をする事によって、やがて恋愛感情が芽生える事もあるでしょう。しかし、そこは仕事であるからこそグッと堪えないといけません。特定の風俗嬢と深い関係になる事で、それがお店に知れ渡ってしまう場合もあります。

そしてうまくいっている内は良いものの、別れる結果になってしまうと、どちらかあるいは両方が退店する流れになる事も多いです。そのため、お店側としては最初に風俗嬢との恋愛は禁止と打ち出している場合もあります。

風俗嬢のドライバーの仕事をするのなら、あくまでも皆平等に接しないといけません。恋愛感情を抱き、そして恋愛に発展する事がその風俗嬢とお店にとって大きなマイナスになってしまう可能性があります。基本的には良い意味で距離感があるのが望ましいです。一男性として風俗嬢に恋愛感情を抱いてしまうのは仕方ないにしても、それが大きなマイナスになってしまう事を考えないといけません。自制心を持って風俗嬢のドライバーの仕事に取り組まないといけません。

男性風俗求人とドライバー

男性風俗求人に載っている風俗嬢のドライバーの仕事は、無店舗型の風俗店にはなくてはならない職種です。お客様からの連絡があった際には、提携先や指定先のホテルや利用者の自宅に嬢を送り届け、サービスの終了後は女性を所定の場所に送るというのが仕事内容になります。また、閉店後に風俗嬢やお店のスタッフを送迎する業務もあります。普段から車の運転をされている方にとっては、何ら難しくはないものです。

しかし、当然安全運転を心がけないといけないとともに、車中を清潔に保つ事も大切になります。風俗嬢を乗せるからこそ、風俗嬢にニオイや汚れが付いてしまうと、お客様の満足度低下に繋がってしまうため、注意しないといけません。

風俗嬢のドライバーの仕事は、本業向きというよりも副業向きです。空いた時間を有効活用して働く事ができて、どういったスタイルで働くかも自由に選択ができます。空いた時間で働きたいと思う方にとって、風俗嬢のドライバーの仕事は適しています。特に仕事内容に難しい点こそないものの、注意しないといけない点がいくつかあります。注意点を考慮した上で風俗嬢のドライバーをするのが望ましいです。

ここでは風俗嬢のドライバーの仕事ならではの注意点について詳しく解説します。分かりやすい仕事内容と、自由なスタイルで働ける魅力的な仕事であるものの、注意しないといけない事があります。これから風俗嬢のドライバーの仕事をしたいと思う方は、しっかり覚えておいた方が良いでしょう。